気がつけば娘は高校2年生!大学進学にそなえて教育資金を計画的に準備する3つの心得

By - Last updated: 水曜日, 4月 16, 2014

子供が大きくなるのはあっという間です。特に高校生になるとそのあとは本当に早いです。お子さんが高校生になって、お金がかかるようになって驚いている方も多いかもしれませんが、大学に入ったら桁違いにお金がかかります。よくお子さんが大学に進学してから学費をねん出するのが厳しくて苦労している親御さんが多くいますが、高校生の時から教育資金のことをきちんと考えておくことが大切です。ここでは、大学進学に備えて教育資金を計画的に準備する3つの心得をお話しします。

 

まず1つ目は、奨学金や教育ローンの利用を考えるということです。今、不況で旦那さんのお給料が減少している方は多くいます。その分奥さんが稼げれば問題ありませんが、なかなかそう簡単にはいかないものです。でも、皆さん給料が減ってもお子さんに教育費はかけてあげたいと思っているようです。もし、今までの貯金やお給料から教育費をねん出することが厳しいのであれば、奨学金や教育ローンの利用を考えることをオススメします。奨学金や教育ローンは他のローンよりもずっと金利が低くなっています。例えば、普通のキャッシングは15%以上の金利ですが、教育ローンは低いところだと3%の金利で借りることができます。低金利のものを借りられるように、お子さんが高校生の時から計画的に考えておく必要があります。

 

2つ目は、進路について話し合いライフプランを立てるということです。お子さんが高校生になったら、その後の進路についてきちんと話し合いをしましょう。どこの大学の何学部に行きたいのか、ということは大きな問題です。これによってかかる教育費も百万円単位で違ってきます。また、他県の大学に行く場合は下宿費用も必要になってきます。この進路についてお子さんと話し合いが終わったらライフプランを立てることが大切です。これから先10年以上、どのような支出があって収入がある見込みなのかライフプランを立てると一目で分かります。このライフプランを立てることによって、支出が重なる時期とそうでない時期を明確にすることができます。

 

最後の3つ目は、教育ローンは比較検討して選ぶということです。お子さんが高校3年生になってしまったら、そこから先は受験料や入学金やらで次々と出費があります。そうなってから教育ローンを検討すると、慌てて決めてしまい低金利のものを選べません。良い教育ローンから借りるためにも、お子さんが高校2年生のうちから教育ローンは比較検討しておきましょう。

 

ここでは大学進学に備えて教育資金を計画的に準備する3つの心得をお話ししました。お子さんが高校2年生のうちに、進路について話し合いライフプランを立て、必要であれば教育ローンも比較検討しておきましょう。そうすることによって、お子さんが大学に進学してから学費をねん出するために慌てなくて済みます。

Filed in •

子どもの学費捻出で生活費ゼロ!そんな時にも使える教育ローン3つの活用術

By - Last updated: 日曜日, 4月 20, 2014

子供が大学に進学すると、とにかくお金がかかります。入学金や授業料でかなりの金額が飛んでいき、他県の大学に進学すると一人暮らしの費用もかかります。大学に入学した時点で親御さんの生活費が足りなくなってしまうということも珍しくはありません。そんな時に使えるのが教育ローンです。教育ローンは入学前に手続して入学金や授業料を借りるという利用方法が一般的ですが、実は他の用途にも使えるものもあるのです。この教育ローンはカードローンなどよりも低金利のものが多く、在学中は利息返済のみで元金据え置き可能といった独自のメリットもあるので、お子さんの学費捻出が厳しい方はぜひ検討してみてください。ここでは、教育ローンの3つの活用術をお話しします。

 

まず1つ目は、仕送りなどにも使える教育ローンがあるということです。教育ローンには仕送りにも利用できるものがあります。イー・ローンの教育ローンの比較で、資金使途を学生仕送りにして検索すると、仕送りにも利用できる教育ローンをピックアップすることができます。これらのローンは、入学金や授業料だけでなく、下宿費用や仕送り資金、教材費等、借入目的の範囲が広くて、在学中にも利用することができます。例えば全国対応のものには、日立キャピタル損保ジャパンの教育ローンがあります。他にも地方銀行信用金庫など、地域密着型の金融機関での取り扱いが多いので探してみましょう。

 

2つ目は、必要な都度利用できる教育ローンがあるということです。普通の教育ローンは授業料の支払いの時など必要な時にしかお金を借りることはできません。しかし、毎月お金がかかったり、3か月に1回お金がかかったりすることもありますよね。そのような場合には、当座貸越タイプの教育ローンを利用するといいです。当座貸越タイプとは、カードローンのような仕組みで、借入期間中は借入限度額まで必要な金額を何度でも借り入れることができるものです。ついつい借り過ぎてしまうので、そのあたりは注意しなければなりませんが、計画的に利用すれば教育資金のやりくりに便利に利用できます。

 

最後の3つ目は、返済しやすい仕組みの教育ローンを選ぶことが大事ということです。教育ローンは使いやすい仕組みであることも大切ですが、返済しやすい仕組みであることも大切です。例えば金利は低いほうが返済額が少なくなるので楽ですよね。普段から給与振込口座に指定していたり公共料金の引き落としで利用している銀行だと、金利が優遇されることがよくあります。また、教育ローンの中には、在学中は利息だけを支払い、卒業後から本格的に返済が始まるものもあります。ご家庭に合った返済方法を考えて教育ローンを選びましょう。

 

ここでは、教育ローンの3つの活用術をお話ししました。教育ローンは、仕送りに使えたりその都度利用できるものもあります。この教育ローンを選ぶときには、返済しやすい仕組みの教育ローンを選ぶことが大事です。

Filed in •

金利を少しでも下げたい!教育ローンを借換える時に注意したい3つのこと

By - Last updated: 木曜日, 4月 17, 2014

子供を育てる上で頭を悩ませるのが教育費です。特に大学は本当にお金がかかります。だからといって子供に大学進学を諦めさせたくはないですよね。このような時に使えるのが教育ローンです。教育ローンは学費のために借りることができるローンですが、入学金や授業料だけでなく、下宿費用や仕送り資金、教材費等、借入目的の範囲が広めの教育ローンもあります。これらの教育ローンは国が行っているものだけでなく、地方銀行や信用金庫など、地域密着型の金融機関での取り扱いが多いので、学費に頭を抱えている方は探してみると良いでしょう。もう既に教育ローンを借りている方も多いかもしれませんね。この教育ローンは金利がかかります。できるだけ金利が低いところで借りれば、返済額も少なくてすみます。もう既に教育ローンを借りてしまっているという人でも、教育ローンは他の銀行の教育ローンに借り換えることができるのです。
http://otoku-cashing.com/?p=39

ここでは、教育ローンを借り換えるときに注意したい3つのことをお話しします。

 

まず1つ目は、大学納付金は4年間で必要な金額を確認して計画を立てる必要があるということです。大学の学費は、1年生の時にかかった学費を単純に4倍すればいいものではありません。中には1年生より2年生、2年生より3年生とスライド式で学費が高くなる大学もあるのです。ですから、教育ローンを借りる前に、4年間で支払わなければならない学費を確認しておきましょう。そうでないと、1年生の時の学費を基準に借りてしまって、その後学費が足りなくなってしまうなんていうことも起きてしまいます。

 

2つ目は4年間の学費をどうやって捻出するか考えておく必要があるということです。1つ目で4年間で必要な金額を確認しました。次は、このお金をどうやって捻出するか考えなければなりません。大学進学前に、これを考えておくと進学してから慌てることがありません。しかし、大学に進学してしまってからだと、奥さんがパートに出て収入を増やして学費に充てるか、お金を借りるしかありません。お金を借りる場合は、奨学金教育ローンが他のローンより金利が低いのでオススメです。

 

最後の3つ目は、キャンペーンを利用して教育ローンを借り換えようということです。今現在教育ローンを借りている人でも、金利の低い他の銀行に借り換えることはできます。教育ローンは通常春先にキャンペーンを行っています。このキャンペーンの期間だと低金利で借りられたりするので、チェックしましょう。借り換えを行うときには、他の金融機関から教育ローンを借りていることを証明できる書類を持っていけば大丈夫です。

 

ここでは、教育ローンを借り換えるときに注意したい3つのことについてお話ししました。大学の学費は4年間で必要な金額を確認してどうやって捻出するか計画しておき、教育ローンを借り換えるときにはキャンペーンを狙って借り換えましょう。この機会にぜひ、あなたのお宅に合った教育ローンを探してみてください。

Filed in •

資格も取りたいし短期留学もしたい!教育ローンの当座貸越なら叶えてくれる3つのシステム

By - Last updated: 火曜日, 4月 22, 2014

資格というのは、誰でも一度はチャレンジしたことがあると思いますが、簡単な内容からとても難しい内容まで様々な資格があります。

趣味を極めたい、生活にちょっとした知識が欲しいという方は、手軽に勉強が出来る内容の通信講座が今は豊富にあるのです。

又、将来の就職や転職を考えている人も、その仕事の専門分野の知識を高める為に、資格を取る人が多いのです。

それから、現在学生の方は、短期留学を考えている人も多いでしょう。

子どもは、親から教育を受ける権利がありますが、親は子供を育てる権利があるので、子どもが出来た時から、しっかりと教育費を貯めていく必要があるのです。

大学卒業するまでにかかる教育費は1000万と言われていますが、留学や資格等の費用は含まれていないので、子どもの将来を望めば、それ以上にかかってしまうということです。

こういった時、貴方ならどうしますか?

子どもの将来の為にも、教育資金を貸してもらえる所を探すでしょう。

教育ローンは、「当座貸越タイプ」があり、3つのシステムがあります。

先ず1つ目は、当座貸越についてですが、普通預金の出金時に、残高が不足している場合、定期預金を担保として、不足金額を自動で借り入れできるという点です。

学校での費用で、引き落としがあったにもかかわらず、口座に残高があまり入っていなかった場合、自動的に不足分を借り入れることが出来るので、とても便利です。

これならば、うっかり入金忘れも無く、後で不足分を口座に入金すれば、返済したことになるので、とても楽な返済方法と言えますね。

2つ目は、カードローンのような仕組みで在学中であれば、その間に限度額以内ならば、何度でも借りることが出来るのです。

中学生や高校生、大学生になると、入学金等の他にも、その都度お金が必要になる時があります。

例えば、修学旅行は、毎月積み立てていかないといけないのですが、その費用をその都度、限度額内であれば借りることが出来れば、とても便利ですよね。

最後は、返済にも、在学中は利息だけを返済する方法、お金に余裕がある時に随時返済するという方法、卒業後に分割で支払うという方法があります。

卒業後は、証書貸付方式に切り替えて、一般的な借り入れ方法で、書面にて契約を交わすという方法です。

あまり知られていない教育ローンの当座貸越タイプ、子どもの将来の為にも、是非、利用してみてください!

 

Filed in •

仕送りにも使える教育ローン!子どもが行きたい大学に行かせるために地元でできる3つのこと

By - Last updated: 木曜日, 4月 24, 2014

子供が他県の大学に行きたいと言い出したらどうしますか?県内の大学数が多い都会に住んでいればいいのですが、地方だと大学に行くとなると県外に出て一人暮らしをして…というパターンも多いかと思います。私も地方都市出身ですが、大学進学のために東京に出て一人暮らしを始めました。でも、この一人暮らしをするにはお金がかかります。大学の授業料だけで500万円くらいするのに、一人暮らしをしたらかかる費用は1000万円では収まりません。だからといって、お金がないことを理由にお子さんに大学進学を諦めてほしくもないと思います。そんな時は教育ローンを使うのがオススメです。実はこの教育ローンは大学の授業料だけでなく、仕送りにも使えるものが沢山出ているんです。ここでは、子供が行きたい大学に行かせるために地元でできる3つのことについてお話しします。

 

まず1つ目は、教育ローンとは何かということからお話しします。教育ローンとは、金融機関が個人を対象に行っている、使い道を教育関係経費に限定したローンのことです。教育のために組むローンと言うことで、金利は他のローンより低くなっています。数年前からの不況により収入が下がった人も多く、ここ数年でこの教育ローンを利用する人は多くなっています。教育ローンは国が行っているものもありますし、銀行が行っているものもあります。イー・ローンで調べると様々な教育ローンが出てきます。

 

2つ目は、教育ローンは仕送りにも使えるということです。教育ローンには仕送りにも利用できるものがあります。イー・ローンの教育ローンの比較で、資金使途を学生仕送りにして検索すると、仕送りにも利用できる教育ローンをピックアップすることができます。これらのローンは、入学金や授業料だけでなく、下宿費用や仕送り資金、教材費等、借入目的の範囲が広くて、在学中にも利用することができます。これらの教育ローンは、地方銀行や信用金庫など、地域密着型の金融機関での取り扱いが多いので、自分が住んでいる都道府県も入力して検索すると、利用可能なローンを見つけやすくなります。また、金融機関との付き合い方によって金利の優遇幅が変わってきます。これは、ローンを利用する銀行を給与振込や公共口座引き落としに指定していたり、住宅ローンやカードローンを契約していると金利が低くなることが多いということです。自分が一番使っている銀行の教育ローンを利用するようにすると、最大限の優遇を受けることができます。

 

最後の3つ目は、頻繁に食べ物を送ってあげるということです。学生の一人暮らしは、どうしても遊びが優先で、まともなものを食べていないことが多いです。そんな時に、親御さんから食べ物が送られてくると、すごく嬉しいですし助かります。特にお米を送ってあげると喜ばれると思いますよ。絶対に無駄にならないですからね。お子さんと離れていても生活面も少しはサポートしてあげられるようにしましょう。

 

ここでは、子供が行きたい大学に行かせるために地元でできる3つのことをお話ししました。教育ローンを利用すれば、仕送りをすることができるので、子供が行きたい大学にいかせてあげることができます。大学関係の費用で苦しんでいる場合は、ぜひ教育ローンを検討してみてください。

Filed in •